僕は二十歳にキャッシングカードを作りました。
まだ若かったので遊ぶ金欲しさに5件の金融会社のカードを作りました。

 

気づいたころには借金が200万になっていました。
ある日、僕は病気になってしまい会社に出勤ができず支払いをすることができなくなりました。
困り果てた僕は弁護士さんに債務整理を依頼しました。

 

弁護士さんは金融会社1件を3万円で受け持ってくれました。
ですので依頼料が15万円です。
弁護士さんが金融会社と和解交渉をしている間は支払いが止まります。
ですので本来支払うお金で弁護士さんへ依頼料を支払うことが出来ました。

 

障害になったのは両親にバレたらどうしようと不安でした。
それに対しては弁護士さんが僕に連絡するときは僕の携帯電話だけにしてもらいました。
弁護士さんが僕に送る手紙も封筒に弁護士を明記しないで送ってもらいました。

 

結果に対しては満足しています。
債務整理をしてから借金は一切していません。
借金がこれほどの恐怖を生み出すとは想像していなかったのでいい経験をしたと思います。